2006年06月25日

JOELibの分子Viewer

JOELibでは、Viewerクラスを用いることで簡単に分子Viewerを利用することができます。Viewerクラスのインスタンスを生成する際、コンストラクタに分子ファイル名を渡すことにより、分子を表示させることができます。ちなみにUIManagerはアプリケーションの見た目を変えるクラスです。

 try
 {
  UIManager.setLookAndFeel
   (UIManager.getSystemLookAndFeelClassName());
 }
 catch (Exception e)
 {
  e.printStackTrace();
 }
 Viewer view = new Viewer(args[0]);

次のような概観となります。
viewer1.png

menuからViewを選ぶと、表示形式及び各種物性情報などを原子の色として視覚的に表現することができます。私の環境では、若干動作が不安定なところが見られますが、何かと使える場面があると思います。


viewer2.png


banner_02.gif
人気ブログランキング(クリックして応援してね)


posted by わばのり at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | JOELib | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック