2006年07月07日

Virtual Computational Chemistry Laboratory

Virtual Computational Chemistry Laboratory (VCCLAB)は、様々なQSARに関連するソフトウェアをWebアプリケーションとして提供しています。

ソフトウェアのインストール作業は、RPMなどのパッケージ管理システムの普及で楽になりましたが、それでも自力でコンパイル/インストールする機会は多くあると思います。この作業に不慣れだと、ソフトウェアを使って計算結果がほしいだけなのに、コンパイルが通らず挫折となってしまいます(私もいまだに挫折を味わいますが)。
VCCLABの目的の1つは、このあたりの解決にもあるようです。

現在、以下のon-line softwareが提供されています。
・ALOGPS 2.1 is the most accurate program to predict lipophilicity and aqueous solubility of molecules
・ASNN calculates highly predictive non-linear neural network models
・BABEL is molecular structure information interchange hub
・PNN produces clearly interpretable analytical non-linear models
・PCLIENT generates more than 3000 descriptors
・E-DRAGON calculates DRAGON molecular indices
・PLS implements original two-step descriptors selection procedure
・UFS produces a reduced data set that contains no redundancy and a minimal amount of multicollinearity

QSAR関連のソフトウェアが一通り提供されていますね。
このように、各ソフトウェアが単独で提供されているのではなく、ある目的を達成するための手段として、系統的に提供されているのがVCCLABの大きな特徴だと思います(VCCLAB Servers: http://www.vcclab.org/servers/ )。
このような形態でのアカデミアのコラボレーションはすばらしいと思います。


banner_02.gif
人気ブログランキング(クリックして応援してね)


posted by わばのり at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | その他ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック