2006年08月27日

グラフ理論入門

ケムインフォマティクスを学習する上でグラフ理論の理解は重要な項目の一つだと思います。私はソースコード付きの書籍を好んで買うのですが、実際にサンプルプログラムを動かしながら学習する方が理解しやすいからです。

グラフ理論関連の出版物で私の一番のお勧めはC MAGAZINE 2005年2月号です。

書籍としては、「グラフ理論入門 C言語によるプログラムと応用問題」です。


ちなみに、Pythonでは、NetworkXなどのgraph libraryがあります。
それにしても「C MAGAZINE」の休刊は本当に残念です。


banner_02.gif
人気ブログランキング(クリックして応援してね)
posted by わばのり at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22811469

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。