2007年05月22日

logPとTPSAの計算

OpenBabel2.1.0になって、エネルギー計算を筆頭に有益な機能がいくつか追加されているようです。

今回は、logPとTPSAを計算してみます。

ob_exp1.cpp


私の環境では、コンパイルを次のようにして行いました。
 
 $ g++ -I/usr/local/include/openbabel-2.0 -L/usr/local/lib ob_exp1.cpp -lopenbabel

実行

 $ ./a.out
LogP 1.3922
TPSA 20.23

あと、PDBをfasta形式で出力できるようになってました。

 $ babel -ipdb input.pdb -ofsa output.fsa

単純な変換ですが、便利だと思います。





posted by わばのり at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | OpenBabel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42550630

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。