2006年08月21日

MMTK: Energy Minimization その2

Energy Minimizationのパラメータはsteps以外にもstep_sizeとconvergenceがあります。それぞれdefault値は以下のとおりです。

step_size = 2 pm
convergence = 0.01 KJ/mol/nm

MMTKでは単位の記述はUnitsモジュールを利用すると便利です。

 from MMTK import Units

具体的にEMのパラメータ設定は、以下のように記述することができます。

 minimizer(steps = 200, step_size = 0.04*Units.Ang, convergence = 0.02*Units.kJ/(Units.mol*Units.nm))


banner_02.gif
人気ブログランキング(クリックして応援してね)

posted by わばのり at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | MMTK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

MMTK: Energy Minimization

MMTKを使ってEnergy Minimizationを行ってみます。以下にそのコードを示します。

EM.py


それでは、順番にみていきます。

UniverseはMMTKにおけるシミュレーションの基盤となるクラスです。topology、boundary condition, force fieldなどの設定を行うことができます。

 universe = InfiniteUniverse(Amber94ForceField())

分子(タンパク質)の読み込みは、Proteinクラスで行いました。'bala1'は、MMTKにはじめから含まれているもので、その実体は、$Python23\Lib\site-packages\MMTK\Database\PDB\bALA1.pdbです。ファイル名を指定してPDBを入力することもできます。

 universe.protein = Protein('bala1')

今回は、Energy Minimizationを2つの最適化手法で実施しています。
まずは、SteepestDescent(SD)です。StandardLogOutputでPotential Energy等の情報が50step毎に表示されます。SDのステップ数は200です。

 minimizer1 = SteepestDescentMinimizer(universe, actions =   [StandardLogOutput(50)])
 minimizer1(steps = 200)

次に、ConjugateGradientで最適化です。SDと使い方はほぼ同じです。

 minimizer2 = ConjugateGradientMinimizer(universe, actions = [StandardLogOutput(50)])
 minimizer2(steps = 100)

最後に、EM後の構造を表示します。拡張子(.pdb)と関連付けされたソフトウェアが起動し、構造を表示させます。

 view(universe)

プログラムを実行すると、以下のような結果が表示されると思います。

SteepestDescent
Step 0
Potential energy: -80.205828, Gradient norm: 809.115225

Step 50
Potential energy: -110.589675, Gradient norm: 62.273830

Step 100
Potential energy: -111.893701, Gradient norm: 64.541604

Step 150
Potential energy: -112.424998, Gradient norm: 67.033451

Step 200
Potential energy: -112.810568, Gradient norm: 62.190661

ConjugateGradient
Step 0
Potential energy: -112.810568, Gradient norm: 62.190661

Step 50
Potential energy: -116.103856, Gradient norm: 16.267230

Step 100
Potential energy: -116.504514, Gradient norm: 21.127653



banner_02.gif
人気ブログランキング(クリックして応援してね)


posted by わばのり at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | MMTK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

CDK API ドキュメントの構築

CDKのAPIドキュメントの構築方法をメモしたいと思います。といいましても、たった一行なのですが.... ただ、antは事前にインストールする必要があります。

CDKのルートディレクトに移動して、以下のコマンドを実行します。

 > ant -f javadoc.xml

実行後、doc\api以下にHTMLファイルが生成されています。index.htmlを見るといつもCDKのサイトで見ているAPIドキュメントが構築されています。

cdk_api.PNG

ネット上で閲覧できない古いバージョンのAPIを調べたいときにも役にたちますね。


banner_02.gif
人気ブログランキング(クリックして応援してね)
posted by わばのり at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | CDK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

Open Babel GUI

OpenBabelのWindows GUI版を使ってみました。なかなか使い勝手もよく便利だと思います。そういえば、BabelWinというGUI版のbabelもありましたね。私はコマンドライン版に慣れきってしまっているため使うことはほとんどないですが、GUI版は、バイナリで配布されているため、インストール作業も必要なく便利なのは確かだと思います。

openbabelgui.png


banner_02.gif
人気ブログランキング(クリックして応援してね)
posted by わばのり at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | OpenBabel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

MMTKのインストール

The Molecular Modelling Toolkit (MMTK)は、分子モデリングに関連する計算を行うためのPythonの拡張ライブラリです。MMTKは私にとって、Pythonを覚えるきっかになったライブラリです。ここ3-4年全く使っていなかったのですが、最近?Windows版とMacOS X版のbinary installersが公開されたようです。はじめはWindows版と言ってもCygwin上で動くのかなと思ったのですが、そうではありませんでした。MMTKは、MD,MMを手軽に体験できる便利なツールですので、興味のある方はぜひ使ってみてください。

それでは、Windows(XP)にMMTKをインストールします。

1. Pythonのインストール
 Windows版のPython 2.3.4日本語環境用インストーラを利用します。

2. pywin32インストール
 pywin32-209.win32-py2.3.exeをインストールします。

3. netCDFのインストール
 NetCDF 3.6.1のprecompileされたWindows DLLを取得し、展開後、ファイルをC:\WINDOSW\SYSTEM32以下にコピーします。

4. Numericのインストール
 Numeric-24.2.win32-py2.3.exeをインストールします。

5. ScientificPythonのインストール
 ScientificPython-2.4.6.win32-py2.3.exeをインストールします。

6. MMTKのインストール
 やっとたどり着きました。MMTK-2.4.4.win32-py2.3.exeをインストールします。

注意すべきところは、各ソフトウェアのバージョンで、組合せによってはMMTKが動作しない場合があります。今のところは、私の環境では、上記バージョンの組合せで動作しています。MMTKのサイトにExamplesがありますので、まずはこれを利用して動作確認することができます。


banner_02.gif
人気ブログランキング(クリックして応援してね)







posted by わばのり at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | MMTK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

PyDev & Frowns

これまでは、emacsやIDLEを利用してPythonのプログラムを書いていましたが、EclipseのプラグインであるPyDevが便利だと聞いたので試してみました。

@インストール
 http://sourceforge.net/projects/pydev/ からorg.python.pydev.feature-1_2_2.zipを取得して、適当な場所で展開します。そして、featuresとplugins下のファイルをeclipseのfeaturesとplugins下にコピーします。

Aインストールの確認
 eclipseを起動し、[Help]→[About Eclipse SDF]→[Plug-in Details]でpydevがインストールされているか確認できます。

B設定
 [Window]→[Preferences]で左側のTreeから[Pydev]→[Interpreter Python]を選択します。そして、右上の[New]ボタンを押してPythonの実行ファイルの場所を設定します。あとは、通常通り[File]→[New]→[Project]でPydev Projectが作成できます。

試しにfrownsをimportして使ってみました。

eclip.png

おお!コード補完されました。


banner_02.gif
人気ブログランキング(クリックして応援してね)
posted by わばのり at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Frowns | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

BioMOBY

MOBYのクライアントの1つであるRemoraを使ってみました。通常では様々なWebサービスを個々に使って解析しなければならないタスクを、下図のようなワークフローを構築することにより、一度に解析することができます。

mocli.png

MOBYのように複数のWebサービスを連携して利用できる仕組みがあるとRemoraのFrequently Asked Workflows (FAW)のように利用頻度の高いワークフローをテンプレートとして再利用しやすいですし、研究の効率化にも繋がると思います。

ただ、サイトを見る限りでは、MOBYを使いこなすのは、私には大変そうだなという印象を受けました。日本にもユーザーグループが設立されているようですし、使いこなせれば便利なのは間違いないと思いますので、これから学んでいこうと思ってます。


banner_02.gif
人気ブログランキング(クリックして応援してね)


posted by わばのり at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | その他ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

CDKでMDL形式の読み込み その2

SDF形式では、'M END'と'$$$$'の間に様々な情報が付加されていることがあります。例えば以下のような情報が挙げられます。

....
M END
> <CAS_Number>
XXXXXX

> <Catolog_Number>
XXXXXX

> <logP>
XXX
$$$$

CDKではこれら付加情報も分子情報と共に読み込んでいますので、次のような方法で具体的な値を得ることができます。

  fr = new FileReader(new File(filename));
  imr = new IteratingMDLReader(fr,
     DefaultChemObjectBuilder.getInstance());
  while (imr.hasNext()){
   mol = (IMolecule)imr.next();
   String mol_id = (String)mol.getProperty("CAS_Number");
   String cat_num = (String)mol.getProperty("Catalog_Number");
   String logP = (String)mol.getProperty("logP");
   System.out.println(mol_id+" "+cat_num+" "+logP);
  }

内部的にはHashtableに'CAS_Number'はキー、'XXXXXX'は値として格納されています。getProperties()メソッドを用いれてば、一度に全てのキーと値の情報を取得することができ便利です。

 Hashtable ht = (Hashtable)mol.getProperties();
 System.out.println(ht);


banner_02.gif
人気ブログランキング(クリックして応援してね)
posted by わばのり at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | CDK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

CDKでMDL形式の読み込み

CDKにおけるMDL形式(mol,sdf)ファイルの入力方法をメモしたいと思います。CDKのバージョンは、cdk-20060718を用いて行います。

まずは、1分子のみ(mol形式)の入力方法です。分子の入力確認をするために、とりあえずは、getAtomCount()メソッドで原子数を表示させています。
 
 fr = new FileReader(new File(filename));
 mr = new MDLReader(fr);
 mol = (IMolecule)mr.read(new Molecule());
 //原子数の表示
 System.out.println(mol.getAtomCount()); 

次は、複数の分子が入っているファイル(sdf形式)から一分子づつ入力する方法です。

 fr = new FileReader(new File(filename));
 imr = new IteratingMDLReade(fr,
        DefaultChemObjectBuilder.getInstance());
 while (imr.hasNext()){
  mol = (IMolecule)imr.next();
  //原子数の表示
  System.out.println(mol.getAtomCount());
 }

一分子づつ入力しますので、大規模なsdf形式の入力に適しています。

最後は、sdf形式を一度に入力する方法です。

 fr = new FileReader(new File(filename));
 mr = new MDLReader(fr);
 chemfile = (IChemFile)mr.read(new ChemFile()); ←@
 //原子数の表示
 for(int i=0;i<chemfile.getChemSequenceCount();i++){
  IChemSequence cs = chemfile.getChemSequence(i);
   for(int j=0;j<cs.getChemModelCount();j++){
    IChemModel cm = cs.getChemModel(j);
    ISetOfMolecules sms = cm.getSetOfMolecules();
     for(int k=0;k<sms.getMoleculeCount();k++){
      IMolecule mol = sms.getMolecule(k);
      System.out.println(mol.getAtomCount());
     }
   }
 }

上記ソースの@の行のみで複数の分子(sdf形式)を一度に入力しています。入力された各分子の原子数を知るためには、"//原子の表示" 以下の作業が必要となります。ChemSequenceクラス, ChemModelクラス, Moleculeクラスの関係が理解できると思います。


banner_02.gif
人気ブログランキング(クリックして応援してね)
posted by わばのり at 09:24| Comment(3) | TrackBack(0) | CDK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

CDKで隣接・結合行列の取得 その2

先日の記事では、隣接・結合行列を取得するためにAdjacencyMatrixクラスとConnectionMatrixクラスを用いました。CDKでは、これらクラスを利用しなくても簡単に隣接・結合行列を作成できます。ソースコードを載せておきますので、メソッドの使い方等の参考になればと思います。

Matrix.java



banner_02.gif
人気ブログランキング(クリックして応援してね)
posted by わばのり at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | CDK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。